沖縄の梅雨・台風とダイビング

沖縄の梅雨はゴールデンウィーク明け一週間くらいから始まり、6月中旬から下旬ごろに梅雨明けします。一方台風シーズンは梅雨が明ける頃からといわれているので、夏場のダイビングには心配が多くなります。


でも、沖縄本島なら台風でダイビングが中止になることは年に数回しかなく、台風が接近していても本島内で別の場所にすれば大丈夫です。ただし、ケマラ諸島などでは中止になる可能性が高くなっています。

夏のオススメは梅雨明け後から

・ダイビングをしっかり楽しめるのは混み合わない時期で、場所さえ選ばなければ天候にはあまり左右されません。6月終わり近くから多くの学校で夏休みが始まる7月20日までが夏のダイビングオススメ時期でしょう。

・台風が沖縄近くで発生せず、気温水温ともに過ごしやすそうなのはゴールデンウィーク前です。初心者の方にはおすすめの時期といえるでしょう。

沖縄では1年中もぐれる!

・1~2月でも気温は18℃、水温は20℃を越えていますので、1年中楽しめるといえます。季節ごとに違った海の様子に出会えますので、四季のダイビングを楽しむのもおすすめです。

>>シーズン別 沖縄の海で楽しめるイベント

・夏場はかなり日射しも強く気温も上がるため、体力の消耗が激しくなります。7~9月初めまでは混み合う時期でさらに台風も発生しやすいので、本島ダイビングを選ぶ方が無難かもしれません。

初めての体験ダイビングの時に台風が接近していると心配ですが、楽しみにしていたからキャンセルはしたくない気持ちもあるでしょう。できるかどうかの判断はショップに確認してみると安心です。スポットによっては島影になっていてできる場合もあります。天気予報だけを参考にしてキャンセルしてしまうのはもったいないでしょう。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:押さえておきたい沖縄豆知識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ