沖縄で体験ダイビングができる場所

初心者向けの体験ダイビング。きっと微妙な浅瀬をウロウロするんだろうな~なんて思っていませんか?
一昔前ではおろそかにされがちだった体験ダイビングですが、近年ではインストラクターの質が向上。
初心者の方々をつれていける範囲がより広まっています。

こんなところにいける体験ダイビング

水納島:見渡すかぎり真っ白な砂地。海底ケーブルが伸びているため、”ケーブル”と呼ばれるスポットです。
障害物も少なく、まさに初心者向きの場所。
ハダカハオコゼ、ハナヒゲウツボ、ヤシャハゼを見ることができます。
ガーデンイール(別名:チンアナゴ)が砂地からにょっきり顔を出す、最高の癒しスポットです。

真栄田岬:沖縄では有名なダイビングスポット。ツバメウオの巨大な群れに遭遇できる他、青の洞窟の知名度もトップクラス。
日光が海底に反射。内側から海面を照らすことによりキラキラとエメラルドのように輝きます。この世のモノとは思えないほど幻想的。
ツバメウオの他にも、リュウキュウハタンポ、キンメモドキ、ヒレナガネジリンボウ、クマノミ、ヤシャハゼ、海ガメ、バラクーダ、ナポレオンなど、豊富な種類を見ることができます。

チービシ諸島

3つの島から構成された海域です。
白い砂地、サンゴの群生、トンネル、アーチ、ドロップオフなどさまざまな地形が揃っているため、魚だけでなく環境を観察したい方にも向いています。またカミソリウオなど擬態に特化した魚を自然の環境で見れる貴重な場所です。他にもハナゴイ、アオウミガメ、タカサゴ、ハマクマノミ、スズメダイ、エイなど。多種多様な魚に触れ合うことができます。
チービシ諸島周辺で見られる魚

他にも体験スポットは様々。
現在は初心者の方への指導・対応も充実し、Cカードを所持していない方でもさまざまなところへ潜れるようになりました。
美しい海へ潜れるチャンスを目の前に、モダモダ悩むなんて勿体無いですよ。
ぜひ一度、遊びにきてくださいね。
体験ダイビング前の注意点:体験ダイビング前の注意点

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:体験ダイビングとは?

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ