あらかじめ海のマナーについて勉強しておきましょう

ダイビングやシュノーケルをしているとサンゴや魚を非常に間近で見る事が出来ます。
ゆっくりと水中を泳いでいると、まるで空中散歩をしている様に素晴らしい感覚。
しかし、これも美しい海があるから出来るのです。

環境を保護し破壊しない

大切な海を守る為にも、またあなた自身が素晴らしいダイバーである為にも、ぜひ海のマナーを知りモラルを持ってダイビングを楽しんで下さい。

・基本マナーとして、ゴミ出さない事!海に流れ出たゴミは、海の生き物にとって有害です。

・可愛い魚やウミガメにはつい触りたくなったり餌をあげたりしたくなりますが、彼らは野生生物です。そっとしておいて下さい。また、敵から身を守る攻撃法が彼らにはありますので、時に猛毒などでダイバーの命を脅かす危険もあります。あなたを守る意味もありますので「見るだけ」「撮るだけ」で我慢して下さいね。

・サンゴの群生地には特に注意が必要です。サンゴはとても繊細な生き物で、触っただけでその部分から死んでしまう事も少なくありません。手で触らなくてもフィンなどでぶつかってしまう事もあるので、サンゴ礁の近くでは手足の先まで神経を張り巡らせて下さい。

人としてのマナーを守りましょう

ダイビングポイントの近くの私有地に無断駐車、民家の近くを水着でウロウロ・・。残念ながらこんな行動をするダイバーがいる様です。ダイバーとしてよりも、人としてのマナーが出来ていませんよね。ぜひ節度を持って行動して下さい。

・インストラクターの指示には必ず従って下さい。海の中では身勝手な行動が、本人や周りの命を危険にさらす事が十分考えられます。必ず守りましょう。

真のダイバーは、海を、人を愛しています。マナーを守っていると海の美しさもより一層素晴らしく感じる事が出来るはず。ダイビングを思い切り楽しんで下さいね!

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:体験ダイビングの注意点

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ