ライセンス取得コースと体験ダイビングの違い

ライセンス取得コースは資格獲得のための訓練。
体験ダイビングは沖縄観光のメイン。

まったく別モノですのでご注意くださいね。

ライセンス取得コース

Cカード(Certification Card)を取得するためのコースです。
Cカードとは、スクーバーダイビングの指導基準を極めた人に発行されるカードです。
各団体によって発行されるカード種類が異なります。ダイバーの中で一番認知度が高いのはPADI。
全国共通。ありとあらゆる場所で使える他、これ一枚所持していれば好きな海に潜り放題となります。
ちなみにコースは平均3日かかります。
1日目は陸で学科講習を学び基礎知識を習得。
2日目に学習内容を応用実践しスキルを習得。
3日目に海洋実習でおさらい。午後にテストをし、無事に合格できればコース終了。Cカードを取得できます。

体験ダイビング

日帰りで沖縄の海を遊べる体験コースです。
10歳から楽しめる、家族やグループで楽しめる、専属のインストラクターがついてくれるので安心の初心者用ダイビングです。
必要な準備は全て業者がレンタルしてくれます。
参加者が持ってくるものは着替えとタオルとビーチサンダルだけ。
シャワーなど施設も完備しているので、海水に濡れたまま帰る必要もありません。
ダイビングの内容は企画によってさまざま。目玉になる魚も時期や島によって変わりますので、のちのちトラブルにならないように、しっかりと事前確認をしてくださいね。

>>体験ダイビングをする方法についてはコチラをご覧ください。

Cカードを目指すのがライセンス取得コース。沖縄の海をひたすら楽しむのが体験ダイビングコースです。
ちなみに、Cカードを取得するとファンダイビングに参加できます。
体験ダイビングと同じようにエントリー募集されていることもありますが、そちらはCカードがなければ参加できません。
間違えないように、自分にあったダイビングを選択してくださいね。

ピックアップ記事:ダイビングライセンスを取得するには?

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:体験ダイビングとは?

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ