久米島周辺で見られる魚

久米島は沖縄本島の西、東シナ海上に位置します。
さまざまな種類のポイントがありますから、見られる魚たちも多種多様です。
初心者から上級者まで、あらゆる方々が楽しめるポイントが豊富です。


久米島の地形を見てみましょう。北側は割とダイナミックな地形です。ドロップオフが続いています。南側は砂地が広がっています。比較的浅場ですので、穏やかで美しいサンゴ礁の続く海が待っています。
このように、同じ島なのにポイントによって見せる表情がまったく違うことが久米島の特徴です。

北側

ダイナミックな地形です。スズメダイ、チョウチョウウオやハナゴイなどカラフルな魚がいます。ハタンポやアカマツカサ、イソマグロやウシエイもいます。回遊魚も楽しめます。
特にイソマグロのような大型の回遊魚は圧巻です。ハナダイ類も多くいます。
ミーフガー、堂崎、小学校沖などが有名なポイントです。
どちらかと言うと中級者向けのポイントです。基本的にはボートダイビングとなります。

南側

一番人気のポイントはトンバラ岩でしょう。クマノミ城などの初心者向けのポイントもあります。十分初心者でも楽しめます。水深が浅いポイントもありますから、小物探しが楽しめます。アーチ・クレバスの地形を鑑賞しても楽しいでしょう。
運が良ければ冬場はクジラやマンタに会えます。大物がいる海です。クマノミがいっぱいいるポイントや美しいサンゴ礁、ハゼ、スカシテンジクダイやキンメモドキなど要チェックです。ギンポやハダカハオコゼもいますから、水中カメラをお忘れないようにしてくださいね。
真っ白な砂地も一見の価値アリです。

久米島はダイビングがとても盛んです。ダイビングだけではなく、島自体も自然に溢れています。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:沖縄ダイビングで見られるお魚図鑑

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ