ドラゴンレディ

慶良間諸島・座間味島にある、トウマ浜の西の端に位置する、ドラゴンレディと呼ばれるポイント。
海底一面に広がる、まるで、砂漠の様に真っ白に輝く砂地はどこまでも続いている様に見えて、その上を、ただ優雅に漂うだけでも、宇宙遊泳気分で楽しむことができます。

>>チービシ諸島周辺で見られる魚はこちらをご覧ください。

映画“彼女が水着に着替えたら”の撮影スポット

1989年に公開された、原田知世主演のダイビング映画「彼女が水着に着替えたら」の撮影地として、一躍有名になったのが、このドラゴンレディーでもあります。
この映画の公開当時は、前代未聞の一大ダイビングブームを巻き起こしたとも言われており、その当時を知る人の話では、週末だけで、ダイビング器材を購入したり、講習を受けに来たりする人でごった返していたのだとか。

一気に「沖縄=ダイビングの聖地」というイメージを、植え付けることにもなったこの映画をきっかけに、これまで、ダイビングなんて別世界の物、と思っていた人達、特に、主人公に感化された世の多くの女性達が、ダイビングの魅力に目覚めたとも、言われているんですよ!

波も景色も飛び抜けて穏やかな場所

映画の撮影場所として使われると言う位ですから、潮流も極めて穏やかな上に、海底には、なだらかな砂地がどこまでも広がっているなど、心身共に、癒されるポイントでもあるドラゴンレディ。
更に、映画撮影当時に、映画セットのひとつとして、人工的に沈められたという飛行機の残骸が、20年の年月を経た今も、海底に姿を残しているんですね。

20年もの時が経過しているので、その間、さまざまな天候の変化にも、さらされてきたからか、飛行機の機体そのものはバラバラに散らばってしまっている様ですが、辺り一面を散策すると、翼や、コックピット、何かの計器類などの残骸を所々で見ることもできますし、元々は映画セットだったとしても、海底で、長い歴史を刻んで来たことに変わりはないのですから、それはそれで、味わい深い風景となるでしょう。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:初心者におすすめの体験ダイビングスポット 沖縄体験ダイビングおすすめスポット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ